データ入力説明

データ入力代行の特徴

弊社では一日最大10万件以上の大量データ入力の実績がございます。
また弊社では、入力する際に別々のスタッフが2度データ入力を行う「精度は安心のトリプルチェック」を採用しております。 これにより精度の高いデータ納品が可能です。

入力作業を2グループに

入力枚数に応じて、入力作業員を2つのグループに分けます。
上図のようにAグループとBグループに分け、同じ原稿を同時に入力していきます。

熟練者によるベリファイ処理

入力完了した「Aデータ」と「Bデータ」を熟練した検査員が独自のチェックプログラムを使用して、データに相違がないか確認をします。
相違があれば再度、入力作業員に修正指示を出し、再入力します。相違がなくなれば、新しいデータ「Cデータ」が作成されます。

ロジックチェック・論理チェック

現場責任者により、ロジックチェックや論理チェックを行います。
入力仕様書通りに入力されているかチェックを行います。
全角・半角などのチェック、問題なければDデータが作成されます。

最終チェック

独自プログラムにて最終チェックを行い、問題なければEデータの完成です。

確かな精度 独自のプログラムでカナデータのチェック
完成された「Dデータ」に対して、独自のプログラムを使用し、比較的入力ミスが起こりやすい、カナ入力のチェックを行います。
作業完了後、お客様指定の納品形式に変換し、納品いたします。
上記、作業内容のもと入力作業員への教育、現場責任者のレベルアップを目指し、常に入力精度が「99.98%」以上を維持できるよう努めております。

※原票の状況により異なる場合もあります。
※欄外記述などの入力がある場合、二度入力が出来ませんので予めご了承下さい。